FNSを見るのに大活躍!

Wi-Fiを使用しています。
以前は、一軒家に住んでおり、パソコンを使用するのにとても便利でした。
回線だと、いちいち繋げないといけなくなりますが、毎日使用するのにはWi-Fiが便利でした。
その後、結婚をし、マンションに引っ越しましたが、
携帯電話がスマホになり、料金が家族割になった分、スマホで動画などをみると
すぐに、スマホが使えなくなったり、料金が高くなるのを防げて助かっています。
特に、FNSを毎日欠かさずチエックするので、スマホが軽くなりますし、
GM数を気にすることなく、すんなり見れるようになります。
ルーターだと途中で切れてしまったりします。

新婚旅行でハワイに行った時には、旅行会社のWi-Fiを利用しました。
一週間会社を離れることになりましたので、
3日に1回はFNSを使って会社と連絡を取ることで、
電話料金の節約になり、大変便利でした。無料というのが大変良かったです。
友人や家族とのやり取りももちろん、便利に行えました。

あと、毎週通っているレッスンの所では、
Wi-Fiが利用可能になっており、休憩中に動画を見て楽しんでいます。

また、とある研修に参加した際に、一緒に参加していた人が、ルーターを
持ち込んでいたため、本当はいけないんでしょうが、Wi-Fiの番号を見てしまい
その番号を使って使用したことが、一度だけあります。

私の場合は、出来るだけ利用できる環境では、利用しています。
全ては節約と、動画を楽しんで見れる所に魅力があると思います。

WiMAXとWi-Fiを上手に使い分けてます

自宅、外出時ともにWIMAXを使用しています。
自宅では、PC以外に、スマホ1台、タブレット2台、chromecastを接続するので、有線接続という選択肢はありませんでした。
また、夫婦共働きで平日はほぼ家に誰もいないため、自宅のみで使用するネット回線を設置するよりも
常に携帯できるWIMAXで自宅でも外出時でも使用することにしました。

賃貸マンションに住んでおり、転勤などで引越しをする懸念なども考えると
すぐ引っ越すかもしれrないマンションに工事をしてWi-Fiを設置することを避けたのも理由の一つです。
夫婦で1回線契約しており、1台ずつ端末を持っています。
同時に別の場所で接続することはできませんが、四六時中接続するわけではないので充分かなと考えています。

地下鉄の走行中など、WIMAXの使えない場所では、まずスマホキャリア提供のWi-Fiを探して接続します。
駅やコンビニでは、無料の回線が用意されている場合がs多く、
WiMAXよりも回線が速いことが多いので、積極的に利用しています。
都バスが提供しているWi-Fiは、走行中でも快適に使用できるので重宝しています。

回線の状況によっては、スマホのテザリングでタブレットをネット接続することもあります。
WiMAXは地下鉄走行中での使用に弱い一方で、外出先で目的地などを確認するのに
地下鉄内で確認したい場合が多いのです。

こうして思い起こしてみると、状況によって、日常的に回線を使い分けしているようです。

Wi-Fi利用で交流の幅も広がった

僕はWi-Fiでインターネット接続をしています。体験談としてパンフレット等でWiMAXの何かを案内するものがあったんですが知識はなくてどういうものか知らなかったのでその時はとりあえず後回しにしました。それで結局はWiMAXのことは眼中になくなっていて、今でもWi-Fiを使い続けています。Wi-Fiを使う前はもちろんケーブルを直接つないで接続していました。回線が光なのでサクサクインターネットは出来たのですが、やっぱり有線なので移動ができなくて、ノートパソコンの持ち運びができるのにネットはその場所でしかできないという何点がありました。それをきっかけにWi-Fiを導入しました。僕が中学生の時に導入しました。最初はパソコンどころかネットの知識はほとんどなくて、セットアップに時間換算で1日以上かかり苦労しました。そして初めてWi-Fiが繋がった時ケーブルから解放されて、ネット作業の幅が大きく広がりました。一番大きいのはPCでプライベートを取れるようになったことです。前まで有線でリビングでPCやっていたので、家の中のどこでもWi-Fiをつなげられるから、ネットで知り合った友達と雑談などが心置きなくやることができます。そしてWi-Fiになったことで、スマートフォンや3DSなどのケータイゲームにも接続できるので友達と対戦したり、協力プレイしたり交流の幅も大きく変わりました。でもかえって接続の幅増えたことによってゲームのやりすぎなどがあるので、そこは自分の努力で何とかしていこうと思います。

Wi-Fiスポットを上手に活用

iPhoneを使用していた時は、iOSのアップデートが頻繁に行われていたのですが、当時はWi-Fi環境が自宅にありませんでした。auでホームスポットキューブのレンタルサービスが開始され、それまでわざわざ外出し、Wi-Fi環境探しの旅にでていた私ですが、ホームスポットキューブを利用するようになり、いつでもiOSのアップデートや容量が大きいアプリのアップデートが出来るようになりました。またiCloudへ連絡先や写真などのバックアップを取る際にもWi-Fi環境が必須だったので、とても助かりました。
 Wi-Fi環境があると、大容量のデータ送信に利用できるだけでなく、万が一携帯会社との契約が切れてもインターネットが利用できるという点はとても大きいと思います。
 LTE(4G)回線は普及している携帯回線の中で一番早いと有名ですが、どの携帯会社でも使える容量が制限されています。一度回線が規制されてしまうと、次月まで3Gより劣る通信速度になってしまうので、ストレスにもなりました。動画を見ようならば、数分の動画を20本以上も再生し続ければ回線規制にすぐ引っかかってしまうので、そういう時こそWi-Fiが活躍する場面だと思います。実際、私は自宅にできたWi-Fiスポットのおかげで、数か月は毎月0.2GBしかデータ送信をしていませんでした。通信速度はLTE程ではないにしろ、十分な速度で快適に利用できています。